早期治療でとびひを治す方法

とびひとはどんな病気?

大人も危ないとびひの正しい対処法

とびひとはどんな病気?エントリー一覧

とびひの症状について
とびひという病気をたびたび聞きますが、どのような症状を発生するのか知っていらっっしゃる方は少ないのではないでしょうか?とびひという病気は皮膚病のひとつで、あせもや湿疹・虫さされなどの掻きむしった場所に溶連菌やブドウ球菌などの菌が侵入して感染してしまう病気です。かさぶたや水泡が発生してしまうのですが、痒みも出てきます。痒みを我慢できずにますます水泡を掻きむしってしまうと、内部から膿が出てきてジュクジュクになってしまいます。その時、掻きむしった手で、患部以外の場所や他の人に触れたりするとすぐうつして...
とびひはなぜ起こるのか
とびひという病気はなぜ起こるのでしょうか?とびひという病気はほとんどの場合、虫さされ・あせも・すり傷・湿疹といったものを掻きむしった時に出来るちいさな傷に細菌が入り込んで感染することで起こります。どちらかといえば夏場などの汗をかきやすい季節や、新陳代謝が活発な幼児期などが多く発症しやすいと言われています。その他に、アトピー性皮膚炎などのように、皮膚にあるバリア機能が弱くなってしまっている状態であっても感染し易くなってしまいます。とびひのほとんどは黄色ブドウ球菌が感染することで起こりますが、、この...
とびひで気を付けること
とびひに感染してしまったときには、一体何に注意しなけれないけないのでしょうか?まず家の中で注意しなければならないことは、シャワーする時はきちんと石鹸を使って汚れや汗を洗い流し患部を清潔に保つことです。そして爪を短目に切って、綺麗な手でいられるように手洗いを習慣付けるように心掛けましょう。子供がかかった場合には、プールや園への登園についてはきちんと医師の許可をもらってから登園させるということも守らなければならない大事なことです。とびひにかかってしまった時には、一番最初に病院を受診することが重要です...
とびひの感染力
とびひは、他の子供にうつす恐れのある伝染病の一種とされています。それでは、とびひの感染力とははたしてどのくらいのものなのでしょうか?とびひは、保育園や幼稚園などで登園停止が義務が義務になっている病気ということもありません。なのでとびひに感染したら隔離する必要があるとか、外に出れない・保育園や幼稚園に登園できないといったようなことはありません。ただ保育園や幼稚園によってはとびひの症状によって出席を遠慮するように指示されることもあるので、その辺は園の規定や医師の判断によって自宅で待機しなければならな...
とびひは早期発見で早めの治療を
とびひという病気は、そんなに恐れなければいけない病気ではなく適正に治療をすることで直ちに完治する病気です。しかしとびひを早期に見つけることは困難で、1、2個出来た水ぶくれをとびひだと分からすにに絆創膏などを貼ってしまうケースがあります。とびひだと判断できずに絆創膏で覆ってしまうと、菌を蔓延させてしまうことになってしまいます。このことからもとびひの早期である水ぶくれに対する対処を間違ってしまうと、とびひをさらに悪化させてしまう可能性もあります。初めてとびひにかかった場合は、かなり解りにくいものなの...
とびひの前兆
春〜夏にかけてたびたび発症するとびひですが、その前兆を見過ごしてしまう方がたくさんいらっしゃるようです。とびひという病気は初期に治療をすれば、そんなにひどくなる病気でもありません。なので早期発見・早期治療が出来たならば、それほど深刻になることもなく完治できる病気とも言えます。しかしとびひの予兆というのは、大変判断しづらいものです。とびひになったことがある方なら解ると思いますが、もっと早めに気が付いていればこんなに悪化しなかったと嘆く親御さんがたくさんいらっしゃいます。本来、子供というのは新陳代謝...
とびひの種類
とびひという病気の本当の名前は、伝染性膿痂疹(でんせんせいのうかしん)と言います。このとびひは、大きく分けて2種類に分類することが出来ます。まず一つ目は水泡性膿痂疹(すいほうせいのうかしん)で、こちらはその名から分かるように水泡が発生するというのが特徴です。出来た水泡が破れてびらん状になり、菌がいたるところにとびひしてしまい新たな水泡ができてしまいます。水泡性膿痂疹を引き起こす原因は黄色ブドウ球菌で、虫刺されやあせもなどから感染することが多くなっています。この水泡性膿痂疹は中でも乳幼児がかかりや...
とびひ体験記
とびひという病名は知っていても、身をもって体験してみなければそのつらさは分からないのではないでしょうか?とびひを実際に体験された人の体験記をみてみましょう。息子さんがとびひに感染し、すごく苦労されたという体験記です。発端は脇の少し下のあたりに出来た小さな傷が始まりだったそうですが、痒がっている様子もなかったのでそれほど気にすることはなかったそうです。その小さな傷が、次の日にはかさぶたへと変っていました。後になって考えるとこの段階でなんだか変だと察して病院に行っていればよかったと思われたそうですが...
とびひと他の病気との関係
とびひの病因となるレンサ球菌黄色やブドウ球菌などは、他の病気を招くきっかけとなることもあります。子どもの場合には、レンサ球菌が腎臓に侵入して急性腎炎などの症状を引き起こすこともあるので気を付けなければいけません。とびひを放っておくことで、さらに悪化してしまうかもしれません。とびひという病気はこのように様々な他の病気を引き起こしてしまう危険があるので、子どもの場合に限らず大人でさえも気を付けなければなりません。最近では、とびひとアトピー性皮膚炎が併発して起こるという方が増えてきているようです。アト...
とびひから起こるSSSSとは
SSSSという病名をご存知でしょうか?ほとんど聞くことのない病名ですが、SSSSというのはブドウ球菌性熱傷様皮膚症候群という病名の略称で全身に症状が出る疾患なのです。とびひの原因菌であるブドウ球菌が作り出す毒素により、皮膚の表面が火傷になったかのように剥けてしまうという病気です。鼻やのどの粘膜で黄色ブドウ球菌が繁殖して増加し、その毒素が全身の皮膚に広がって熱傷症状を発症してしまいます。SSSSのほとんどは、秋〜冬にかけて乳幼児に多く発生します。ウイルス性の上気道炎がきっかけとなってもたらされるこ...
とびひとプール
医師からとびひと言われた場合には、プールを楽しむことはできないのでしょうか?とびひと一言で言ってもその病状はそれぞれなので、症状によってはプールに入っても大丈夫な場合もあるようです。とびひの判断を受けたからといって、必ずプールに入ってはいけないということはありません。とびひになると最初に病院を受診しなければいけませんが、プールに入っていいかどうかは医師の診断に従って対処するようにして下さい。とびひの症状が軽度の場合には伝染力もそれほど強力ではないので、プールや幼稚園等の集団生活などもたいして制限...
とびひQ&A
とびひに関して多かった質問について何個かお答えしましょう。最初にとびひについて最も多かった質問は、子供がとびひに罹った場合いつ登園してよいのか分からないという質問でした。基本的にはかさぶたが剥がれおちると登園してよいとされていますが、医師の判断に従うことが一番大事ではないでしょうか?それに園の考え方にもよるので、自己で判断せずに園と医師と両方の許可を取ることが大切です。次に多かった質問は、身近な子供にうつしたくないのですがどのようにすればよいのかということです。とびひはジュクジュクした状態でなけ...

Copyright (C) 2010 早期治療でとびひを治す方法 All Rights Reserved.