早期治療でとびひを治す方法

とびひ体験記

とびひという病名は知っていても、身をもって体験してみなければそのつらさは分からないのではないでしょうか?

 

とびひを実際に体験された人の体験記をみてみましょう。

 

息子さんがとびひに感染し、すごく苦労されたという体験記です。

 

発端は脇の少し下のあたりに出来た小さな傷が始まりだったそうですが、痒がっている様子もなかったのでそれほど気にすることはなかったそうです。

 

その小さな傷が、次の日にはかさぶたへと変っていました。

 

後になって考えるとこの段階でなんだか変だと察して病院に行っていればよかったと思われたそうですが、小さな傷がかさぶたになったたぐらいでわざわざ病院で受診するという方はあまりいらっしゃらないでしょう。

 

しかしこのかさぶたの中ですでに菌が大繁殖していたようで、かさぶたが取れた時にもう他の部分にも感染してしまっていたようです。

 

大きな水ぶくれが足の部分にでき、それが潰れて別の部分にも散らばってしまっていました。

 

この状態になってやっと病院を受診して、とびひと診断されました。

 

本当にその名のとおり「飛び火」という様子で、それからは次から次にいろんなところにとびひが散っていってしまったそうです。

 

あと少し早い時期にとびひであることに気づいていれば、こんなにもひどくなることはなかったとお母さんは後悔されていました。

 

とびひの初期症状というのは、大変に判断しにくいものです。

 

子供さんがいらっしゃる親御さんは、とびひに関して十分な知識を持っておく必要があります。

 

この体験記のお母さんの様にもうちょっと初期の段階でとびひであることが分かっていれば、早急に治療することができ辛い思いをせずに済んだのではないでしょうか?

スポンサーリンク

とびひ体験記関連エントリー


Copyright (C) 2010 早期治療でとびひを治す方法 All Rights Reserved.

とびひ体験記

大人も危ないとびひの正しい対処法