早期治療でとびひを治す方法

とびひの種類

とびひという病気の本当の名前は、伝染性膿痂疹(でんせんせいのうかしん)と言います。

 

このとびひは、大きく分けて2種類に分類することが出来ます。

 

まず一つ目は水泡性膿痂疹(すいほうせいのうかしん)で、こちらはその名から分かるように水泡が発生するというのが特徴です。

 

出来た水泡が破れてびらん状になり、菌がいたるところにとびひしてしまい新たな水泡ができてしまいます。

 

水泡性膿痂疹を引き起こす原因は黄色ブドウ球菌で、虫刺されやあせもなどから感染することが多くなっています。

 

この水泡性膿痂疹は中でも乳幼児がかかりやすく、高温多湿な夏場などは汗もかきやすくもっとも感染しやすい時期でもあります。

 

ですが近年では、暖房などを使うことから冬場でもとびひの症状が見られるようになりました。

 

もう一つは、痂皮性膿痂疹(かひせいのうかしん)という種類です。

 

この痂皮性膿痂疹は大人がかかりやすいとびひで、年齢や季節といったものは病気になることとほとんど関係がないようです。

 

痂皮性膿痂疹の特徴をあげると、始めに膿泡や水泡ができたあとに厚いかさぶたができます。

 

痂皮性膿痂疹の原因菌は、A群β溶血性連鎖球菌と言われています。

 

アトピー性皮膚炎の症状がある人に多く発症するという傾向が、最近になってみられるようになりました。

 

どちらのとびひに対しても、はやめにきちんと治療するということが大事です。

 

とびひの症状に従って処方してもらった薬を服用することで、とびひは完治します。

 

ただし服用を途中でやめたり、自分で勝手に治療を行なうようなことをすれば完治まで時間がかかることもあるので注意するようにしましょう。

スポンサーリンク

とびひの種類関連エントリー


Copyright (C) 2010 早期治療でとびひを治す方法 All Rights Reserved.

とびひの種類

大人も危ないとびひの正しい対処法