早期治療でとびひを治す方法

とびひの感染力

とびひは、他の子供にうつす恐れのある伝染病の一種とされています。

 

それでは、とびひの感染力とははたしてどのくらいのものなのでしょうか?

 

とびひは、保育園や幼稚園などで登園停止が義務が義務になっている病気ということもありません。

 

なのでとびひに感染したら隔離する必要があるとか、外に出れない・保育園や幼稚園に登園できないといったようなことはありません。

 

ただ保育園や幼稚園によってはとびひの症状によって出席を遠慮するように指示されることもあるので、その辺は園の規定や医師の判断によって自宅で待機しなければならなくなる時もあります。

 

とびひになった子供と一緒に生活したからといって、直ぐにとびひがうつってしまうというわけではありません。

 

子供に虫さされやあせも・湿疹などの引っかき傷があったりした時には、とびひに感染してしまう確率が高いので日頃から子供の引っかき傷などには気を付けておく必要です。

 

また、大人の場合も一緒ですが、子供の免疫力が弱くなっている時にはこのような伝染病に感染しやすくなってしまいます。

 

保育園や幼稚園など集団生活をしている場合には、子供の健康状態に注意することは当然ですが引っかき傷などにも気を付けるようにしましょう。

 

とびひの予防方法としては、引っかき傷を作らないように爪を短く切ることや、汗をかいたらシャワーを浴びて皮膚を清潔に保つように努力するということも大事なことのひとつです。

 

とびひに感染したら自分の子供ばかりでなく、交流がある子供達への気配りも忘れないようにしましょう。

スポンサーリンク

とびひの感染力関連エントリー


Copyright (C) 2010 早期治療でとびひを治す方法 All Rights Reserved.

とびひの感染力

大人も危ないとびひの正しい対処法