早期治療でとびひを治す方法

とびひQ&A

とびひに関して多かった質問について何個かお答えしましょう。

 

最初にとびひについて最も多かった質問は、子供がとびひに罹った場合いつ登園してよいのか分からないという質問でした。

 

基本的にはかさぶたが剥がれおちると登園してよいとされていますが、医師の判断に従うことが一番大事ではないでしょうか?

 

それに園の考え方にもよるので、自己で判断せずに園と医師と両方の許可を取ることが大切です。

 

次に多かった質問は、身近な子供にうつしたくないのですがどのようにすればよいのかということです。

 

とびひはジュクジュクした状態でなければ、触れただけで健康な皮膚に感染することはありません。

 

症状が軽い場合であれば、ガーゼで保護するだけでも大いに効き目はあります。

 

保護すると言っても包帯などで何重にも巻く必要は全然なく、逆にそこまですると悪化してしまう恐れもあるのでしないようにしましょう。

 

患部が乾燥してきたら、ガーゼも外すようにすることが重要です。

 

病院で出されるステロイド剤が不安で、できるだけ使用したくないのですがという質問もたくさんありました。

 

たとえステロイド剤でも塗る期間や量を正しく守って使えば、全く怖い薬ではありません。

 

とびひの病状を早く治すためには大切な薬なので、必ず使用するようにしましょう。

 

不安なことがあったとしたら、医師に尋ねてみることも大事なことです。

 

とびひは何回もかかってしまう疾患なのか、という質問もありました。

 

とびひという病気は一度感染したら免疫が出来るというわけではないので、繰り返しかかることもあります。

 

とびひ対策として、皮膚を清潔にしておく習慣をもつようにしましょう。

 

スポンサーリンク

とびひQ&A関連エントリー


Copyright (C) 2010 早期治療でとびひを治す方法 All Rights Reserved.

とびひQ&A

大人も危ないとびひの正しい対処法