早期治療でとびひを治す方法

とびひとプール

医師からとびひと言われた場合には、プールを楽しむことはできないのでしょうか?

 

とびひと一言で言ってもその病状はそれぞれなので、症状によってはプールに入っても大丈夫な場合もあるようです。

 

とびひの判断を受けたからといって、必ずプールに入ってはいけないということはありません。

 

とびひになると最初に病院を受診しなければいけませんが、プールに入っていいかどうかは医師の診断に従って対処するようにして下さい。

 

とびひの症状が軽度の場合には伝染力もそれほど強力ではないので、プールや幼稚園等の集団生活などもたいして制限されることはないようです。

 

しかしとびひの症状が重度の場合には、他の子供たちへの感染の心配だけでなくとびひの症状が更に悪くなってしまう危険もあるのでプールなどは入らない方がよいでしょう。

 

中でも水泡がジュクジュクとしているような症状の時には、入らないようにしましょう。

 

この様にとびひというのはその人の症状によってその診断も変わってくるので、必ずしもとびひだからダメというわけではありません。

 

また、とびひという病気は、かさぶたが出来たからといって完全に治ったわけではありません。

 

家族や本人がもう心配ないと思っていても、他の子供たちの中には肌の弱いお子さんや免疫力の弱いお子さんもたくさんいらっしゃいます。

 

医師から完璧にプールに入ってもいいという指示があるまでは、出来る限りプールに入らないようにするべきです。

 

自分のお子さんのことだけでなく、そのような他の子供たちへの心遣いも大切なことなのではないでしょうか?

スポンサーリンク

とびひとプール関連エントリー


Copyright (C) 2010 早期治療でとびひを治す方法 All Rights Reserved.

とびひとプール

大人も危ないとびひの正しい対処法