早期治療でとびひを治す方法

とびひはなぜ起こるのか

とびひという病気はなぜ起こるのでしょうか?

 

とびひという病気はほとんどの場合、虫さされ・あせも・すり傷・湿疹といったものを掻きむしった時に出来るちいさな傷に細菌が入り込んで感染することで起こります。

 

どちらかといえば夏場などの汗をかきやすい季節や、新陳代謝が活発な幼児期などが多く発症しやすいと言われています。

 

その他に、アトピー性皮膚炎などのように、皮膚にあるバリア機能が弱くなってしまっている状態であっても感染し易くなってしまいます。

 

とびひのほとんどは黄色ブドウ球菌が感染することで起こりますが、、この黄色ブドウ球菌という菌は人の耳の穴や鼻の穴などに生息している菌常在菌でもあります。

 

健康な身体であれば黄色ブドウ球菌はなにも悪さをしませんが、抵抗力が落ちていたり皮膚のバリアが弱くなっている時などに肌に入り込んでしまうと感染して水疱などが出来てしまいます。

 

ですからこの水泡の中には、増殖した黄色ブドウ球菌が大量にいるということになります。

 

この水泡が破れたり中の液が染み出たりして周辺の皮膚に接触することで、また新しい水泡が出来てしまうというわけです。

 

このようにしてとびひが広がってしまうのですが、自分だけでなく同様の条件が揃えば他の人にもうつしてしまうことがあるので気を付ける必要があります。

 

夏は気温が高くなるために、菌が増えやすい環境ができてしまいます。

 

とびひに感染したら真っ先に治療を行うことが大切ですが、ホームケアとしては出来るだけ感染した個所を清潔に保つということが大事です。

スポンサーリンク

とびひはなぜ起こるのか関連エントリー


Copyright (C) 2010 早期治療でとびひを治す方法 All Rights Reserved.

とびひはなぜ起こるのか

大人も危ないとびひの正しい対処法