早期治療でとびひを治す方法

とびひの治療法

大人も危ないとびひの正しい対処法

とびひの治療法エントリー一覧

とびひの治療について
とびひの治療は基本的に痒み止めの塗り薬・抗生物質・軟膏が用いられ、体の外側と内側の両方から治療を行ないます。こういった治療を継続して行なうと同時に、自宅でもきちんとケアをしなければなりません。自宅でできることはまず患部をいつも清潔にし、汗を掻いたらそのたびにシャワーを浴びるなどのケアが重要です。患部を保護しようと思って、入浴時に濡らさないようにしたり、ガーゼで保護した状態で入ったりされている方がいらっしゃいます。こんなことをしているとかえってとびひを悪化させてしまうことになるので、シャワーの時に...
とびひの完治時期
とびひは完全に治るまで続けて治療をしなければならず、途中で治療を止めてしまうと症状がひどくなったり再発したりする可能性があります。それではとびひが完治したかどうかというのは、何処で判断すれば良いのでしょうか。とびひが完治する判断方法としては、とびひが乾燥し自然にかさぶたが取れるまでとされています。しかし、かさぶたが取れても痒みや赤みがまだあるという時には、通常の湿疹の治療に転換するとよいでしょう。かさぶたが外れてとびひが治った後も、湿疹の症状がまだある場合には再発予防の為にも保湿するのをおろそか...
とびひの治療薬
とびひに感染すると小児科や皮膚科で薬を出してもらうことになりますが、とびひの治療薬にはどのようなものがあるのでしょうか?とびひの治療で使用される薬は、おおむね痒み止めの塗り薬・痒み止めの飲み薬・抗生物質の3種類になります。最初に水溶性膿痂疹の場合は、黄色ブドウ球菌に効果がある抗菌薬を3〜4日ほど飲みます。痂皮性膿痂疹の場合では、ペニシリン系の内服薬が一番効果があるとされていますが、黄色ブドウ球菌も感染していることも考えて混合された内服薬を服用する必要があります。医師から出された内服薬が効果がない...
とびひにどうして治療が必要なのか?
とびひという病気は、初期段階で治療をすれば簡単に完治することができ、誰でもかかる可能性のある病気の一つでしょう。反対に考えれば、早期に正しい治療を行なわなければ合併症を誘発するような怖い病気にもなってしまうと言うことです。とびひの要因となる菌が元で、いろいろな合併症が起きてしまうのです。なのでとびひを発病した場合には、そのままにしておいたり治療を途中で止めてしまったりすることがないようにちゃんと最後まで治療を続けるようにすることが大事です。とびひの合併症には、まずブドウ球菌性熱傷様皮膚症候群(S...
とびひと病院との関わり方
とびひに感染してしまった場合、病院にはいつ行けばよいのでしょうか?とびひになった場合やそうじゃないかと思った場合には、ともかく小児科や皮膚科などで直ちに診てもらうようにしましょう。とびひと判断されれば、痒み止めの飲み薬・軟膏抗や生物質などを処方してもらえることになります。言うまでもなく医師はとびひの症状に合った薬を出していますが、2〜3日経過しても症状が全然よくならないという時には正確にそのことを医師に伝えるましよう。とびひの症状がよくならないからといって、違う病院にうつるというようなことはしな...
とびひに効く市販薬
とびひにかかった時には直ちに病院を受診することが最良とされていますが、早期の場合や軽度のとびひであればご家庭で市販薬を使って治療をすることもできます。それでは、とびひに効果的な市販薬にははたしてどの様な薬があるのでしょうか?とびひには、抗生剤が入った塗り薬が一番効果的とされています。とびひに有効的な市販薬としては、ドルマイシン軟膏やイソジン軟膏などを勧められるケースが多いようです。その他にも三共株式会社のクロマイ-P軟膏なども効果的な市販薬の一つです。しかし、体質が違っていたりするので全ての方に...
とびひの予防法
とびひに感染しないためには、どのようなことに注意していればよいのかその予防法をみてみましょう!!とびひでもっとも用心しなければならない季節は、湿度や温度の高い季節である夏場です。子供が発症することの多いとびひですが、夏場というと子供達は山やキャンプなどの行楽地・プールなどに遊びに行くことが多くなります。このような季節には、虫さされが引き起こすとびひが大変多くなる傾向があります。なので虫に刺さされたような場合には、すぐに薬を塗るなどの処置を行なうことがとびひの予防へとなります。初期の段階で処置をす...
とびひのスキンケア
とびひという病気は抗生剤を服用するだけでは完全に治る病気ではありますが、早めに完治する方法として、自分もスキンケアを行うことでさらに早く完治させることが出来ます。また、とびひは一回だけではなく何回もかかる病気なので、その予防の面から見てもスキンケアを行うことは大事なことなのです。そこでとびひにかかった時のスキンケアの要点を見てみましょう。最初に重要なことは、肌を常に清潔にしておくということです。汗をかいたらこまめにシャワーを浴びて、患部がかさぶたになるまではお湯には浸からないようにしてください。...
とびひの自然療法レシピ
とびひを外用薬や内服薬でなく、人間がもともと持っている自然治癒力を使って治すという治療方法があります。自然療法と呼ばれている治療方法ですが、生薬などを使ってその力を高めることができるレシピを見てみましょう。まず初めに、とびひの感染を防ぐには、黄柏(おうばく)を粉にしたものを酢で練ってパスタ状にし、それを患部に貼り付けます。黄柏は、生薬として簡単に薬局などで買うことができます。他の使い方として黄柏6gを200mlのお湯で煮出した汁を一日に三回に分けてお腹が空いている時に飲ませたり、60mlの水で半...
とびひとステロイド
肌の表面に付着した黄色ブドウ球菌が増殖することで引き起こされるとびひですが、病状によってはステロイドを用いた方が早く治ることもあるようです。ステロイドと言えば、ほとんどの方が良いイメージを持っていないのではないでしょうか?しかしステロイド剤というのは、湿疹の炎症を抑えるためには非常に重要なお薬の一つなのです。病院によっては、ステロイド剤と抗菌剤を混ぜた薬を処方されることもあります。しかし、以前からアトピー性皮膚炎などでステロイド剤を使っているという方は特に注意しなければいけません。。湿疹には効果...
とびひの薬の働き方
とびひと診断を受けると何種類かの薬が処方されますが、いったいどんな働きがあって治しているのでしょうか?最初にとびひと診断されると、決まって抗生物質が処方されるでしょう。この抗生物質という薬には細菌の増殖を抑えたり死滅させたりするという働きがあり、とびひを発生さす菌が増えていくのを抑え死滅させるという効用があります。しかしとびひを起こす原因菌は一種類というわけではないので、その人のとびひの原因菌にピッタリの抗生物質を処方する必要があります。抗生物質には内服薬と塗り薬がありますが、とびひの場合はどち...
とびひの自然療法
とびひを発病した時には、まず病院で受診するように勧めています。病院で診てもらわずに自然療法でとびひを完璧に治すということは、果たしてできるのでしょうか?自然療法によって実際にとびひを完治させた方の、治療方法を紹介しましょう。自然療法から考える、病院で処方される塗り薬や飲み薬というのは対処療法であって、ただ症状を抑えるためだけのものであると考えられています。なので病院で行う対処療法というのは、自然療法を試みたあとにどうしても病状が良くならない時のための最終手段であるとおっしゃっていました。とびひの...

Copyright (C) 2010 早期治療でとびひを治す方法 All Rights Reserved.