早期治療でとびひを治す方法

とびひと病院との関わり方

とびひに感染してしまった場合、病院にはいつ行けばよいのでしょうか?

 

とびひになった場合やそうじゃないかと思った場合には、ともかく小児科や皮膚科などで直ちに診てもらうようにしましょう。

 

とびひと判断されれば、痒み止めの飲み薬・軟膏抗や生物質などを処方してもらえることになります。

 

言うまでもなく医師はとびひの症状に合った薬を出していますが、2〜3日経過しても症状が全然よくならないという時には正確にそのことを医師に伝えるましよう。

 

とびひの症状がよくならないからといって、違う病院にうつるというようなことはしないようにしましょう。

 

きちっと医師に病状の回復が感じられないということを伝えて、違う薬を出してもらう方がもっと適切な治療をしてもらえることが出来るからです。

 

おかしいと思ったことや不安に思っていることなどは、ちゃんと医師に教えなければ信頼関係を結ぶことは出来ません。

 

病院というものは、患者と医師との信頼関係によって成立しているものだからです。

 

逆に病院の言い付けを守らずに自分の判断でとびひの治療をして悪化させるようなことがあれば、それからの経過観察などで違う薬を処方されるかもしれません。

 

とびひの症状が治ったとしても高い熱が出たり、身体がだるくなったりするようであれば別の病気を合併している危険もあります。

 

医師には、どんなに小さなことであってもき素直に状態を教えるということが大事です。

 

医師の指図を守らなかったり自分で勝手な判断をすることは病院側にとっても、また本人にとっても少しもよいことではありません。

 

医師を信頼していなければ、ズムーズな治療が行なえないのです。

スポンサーリンク

とびひと病院との関わり方関連エントリー


Copyright (C) 2010 早期治療でとびひを治す方法 All Rights Reserved.

とびひと病院との関わり方

大人も危ないとびひの正しい対処法