早期治療でとびひを治す方法

とびひの予防法

とびひに感染しないためには、どのようなことに注意していればよいのかその予防法をみてみましょう!!

 

とびひでもっとも用心しなければならない季節は、湿度や温度の高い季節である夏場です。

 

子供が発症することの多いとびひですが、夏場というと子供達は山やキャンプなどの行楽地・プールなどに遊びに行くことが多くなります。

 

このような季節には、虫さされが引き起こすとびひが大変多くなる傾向があります。

 

なので虫に刺さされたような場合には、すぐに薬を塗るなどの処置を行なうことがとびひの予防へとなります。

 

初期の段階で処置をすることで、虫刺されからとびひへ変化するのを防ぐことが出来ます。

 

夏場のとびひを防ぐためにこのような行楽地やキャンプ地などに出掛ける時には、可能な限り長袖など肌の露出が少ない洋服を着るようにしましょう。

 

これは日光によってできる湿疹を予防するためでもあり、直接的ではなくても日光湿疹からとびひになってしまうのを防ぐことにもなります。

 

また、虫除けスプレーなどを使うことも、予防方法のひとつになるでしょう。

 

とびひを防ぐために大事なことは、とびひの要因となる湿疹や掻きむしって傷を作らないということが最も大切です。

 

そのためには虫除けスプレーや洋服などに気をつけるだけでなく、汗をかいたらシャワーを浴びるなどと言った様に肌を綺麗で清潔に保つように心がけようにしましょう。

 

小さな子供に多く発症するとびひは、家族が注意してあげるということも大事です。

 

一日に一回ほどは、子供の身体をチェックして湿疹などおかしなところがないかどうか確認するということも大切なとびひの予防法といえます。

スポンサーリンク

とびひの予防法関連エントリー


Copyright (C) 2010 早期治療でとびひを治す方法 All Rights Reserved.

とびひの予防法

大人も危ないとびひの正しい対処法