早期治療でとびひを治す方法

とびひの自然療法

とびひを発病した時には、まず病院で受診するように勧めています。

 

病院で診てもらわずに自然療法でとびひを完璧に治すということは、果たしてできるのでしょうか?

 

自然療法によって実際にとびひを完治させた方の、治療方法を紹介しましょう。

 

自然療法から考える、病院で処方される塗り薬や飲み薬というのは対処療法であって、ただ症状を抑えるためだけのものであると考えられています。

 

なので病院で行う対処療法というのは、自然療法を試みたあとにどうしても病状が良くならない時のための最終手段であるとおっしゃっていました。

 

とびひのジュクジュクとしている湿疹皮膚や疾患のところには、生薬であるオウバクマツを塗ります。

 

とびひになっている場所全てにオウバクマツを振りかけていき、特に状態が悪い箇所には太白ごま油を事前に塗っておきます。

 

そして、オウバクマツをその上から振りかけるようにします。

 

それから、清潔なガーゼなどで患部を保護ようにし覆っていきます。

 

このような自然療法を実行しても回復が悪い箇所については、生姜を粉末にしたものをお湯に溶かしてそこにタオルを浸します。

 

こうやってしょうが湿布を作るのですが、このしょうが湿布を患部に20分くらい当てて治療をします。

 

大部分のとびひの症状は、このようなオウバクマツやしょうが湿布で完全に治ってしまうそうです。

 

私達人間には自然治癒力というものが兼ね備わっています。

 

特に子どもというのはその自然治癒力が強く、薬や対処療法に甘えるのではなくもともと自分にある自然治癒力の手助けをするというのが自然療法なのです。

スポンサーリンク

とびひの自然療法関連エントリー


Copyright (C) 2010 早期治療でとびひを治す方法 All Rights Reserved.

とびひの自然療法

大人も危ないとびひの正しい対処法