早期治療でとびひを治す方法

とびひとステロイド

肌の表面に付着した黄色ブドウ球菌が増殖することで引き起こされるとびひですが、病状によってはステロイドを用いた方が早く治ることもあるようです。

 

ステロイドと言えば、ほとんどの方が良いイメージを持っていないのではないでしょうか?

 

しかしステロイド剤というのは、湿疹の炎症を抑えるためには非常に重要なお薬の一つなのです。

 

病院によっては、ステロイド剤と抗菌剤を混ぜた薬を処方されることもあります。

 

しかし、以前からアトピー性皮膚炎などでステロイド剤を使っているという方は特に注意しなければいけません。。

 

湿疹には効果的なステロイド剤ですが、ステロイド剤だけを単一でとびひ治療に使うのは大変危険です。

 

アトピー性皮膚炎が元でとびひになってしまった時には、ステロイド剤の使用をやめすぐに医師に診断してもらうようにしましょう。

 

それはとびひの一般的な治療方法としては、抗生剤入りの軟膏を塗布することが最も効果的な方法だからです。

 

とびひ治療にステロイド剤を使う時には、ステロイドと抗菌剤を混合したものなどを使用しステロイド剤だけを使用することはないということを覚えておきましょう。

 

それにステロイド剤を使ったとしても、とびひ治療では100パーセント、ずっとステロイド剤を使用し続けるということはありません。

 

もしステロイド剤を出されて心配な時には、その度に医師に確認をとり理解してから治療をするようにしましょう。

 

その時には、アトピー性皮膚炎などでステロイド剤を使っていた場合には必ず医師に説明するということが重要です。

スポンサーリンク

とびひとステロイド関連エントリー


Copyright (C) 2010 早期治療でとびひを治す方法 All Rights Reserved.

とびひとステロイド

大人も危ないとびひの正しい対処法