早期治療でとびひを治す方法

とびひの自然療法レシピ

とびひを外用薬や内服薬でなく、人間がもともと持っている自然治癒力を使って治すという治療方法があります。

 

自然療法と呼ばれている治療方法ですが、生薬などを使ってその力を高めることができるレシピを見てみましょう。

 

まず初めに、とびひの感染を防ぐには、黄柏(おうばく)を粉にしたものを酢で練ってパスタ状にし、それを患部に貼り付けます。

 

黄柏は、生薬として簡単に薬局などで買うことができます。

 

他の使い方として黄柏6gを200mlのお湯で煮出した汁を一日に三回に分けてお腹が空いている時に飲ませたり、60mlの水で半分まで煮出した汁で患部に湿布するという処方もあります。

 

あと一つとびひに効果的な自然療法レシピとしては、にんにく湿布があります。

 

このにんにく湿布というのは、にんにくを焼いてつぶしたものを患部に貼る方法です。

 

この時に使うテープは、かぶれにくいテープを使うようにしましょう。

 

かぶれにくいテープを使わなければ、反対に病状を悪くさせてしまうことにもあるかもしれませんので注意するようにしましょう。

 

別の方法として、おろしにんにくを患部に貼り付けたり、ビワエキスをコットンなどに染み込ませて貼り付けるという方法もとびひには効果があるようです。

 

ただし、おろしにんにくは刺激が強いので、数時間貼ったら様子を見るなどして長時間貼り付けないようにすることが大事です。

 

以上のようにとびひに効果のある自然療法は、様々にあります。

 

全部をやってみる必要はありませんが、薬の力を借りる前にこの様な自然療法で自然治癒力を引き出してみるというのも一つの方法ではないでしょうか?

スポンサーリンク

とびひの自然療法レシピ関連エントリー


Copyright (C) 2010 早期治療でとびひを治す方法 All Rights Reserved.

とびひの自然療法レシピ

大人も危ないとびひの正しい対処法