早期治療でとびひを治す方法

とびひの薬の働き方

とびひと診断を受けると何種類かの薬が処方されますが、いったいどんな働きがあって治しているのでしょうか?

 

最初にとびひと診断されると、決まって抗生物質が処方されるでしょう。

 

この抗生物質という薬には細菌の増殖を抑えたり死滅させたりするという働きがあり、とびひを発生さす菌が増えていくのを抑え死滅させるという効用があります。

 

しかしとびひを起こす原因菌は一種類というわけではないので、その人のとびひの原因菌にピッタリの抗生物質を処方する必要があります。

 

抗生物質には内服薬と塗り薬がありますが、とびひの場合はどちらも併用して使うことになります。

 

その他に副腎皮質ホルモン剤つまりステロイドと呼ばれれいる薬ですが、こちらは炎症を抑える作用のある薬です。

 

長期にわたって用いることはないので、副作用の心配も別にする必要は無いでしょう。

 

抗ヒスタミン剤も、とびひと診断された時に使う薬の一つです。

 

この薬は痒みやアレルギー症状を抑える効用があり、とびひによって発生する痒みを抑えるために使います。

 

とびひという病気は痒みにより掻きむしってしまうことで、様々なところに飛び火してしまう病気ですが、痒みを抑えることで全身にとびひが拡大するのを防止する働きもあります。

 

抗ヒスタミン薬にも、塗り薬と内服薬とがあります。

 

眠くなってしまうこともあるので、特に大人の方などは気を付けて服用するようにしましょう。

 

上記したようにとびひの薬というのは、何種類かの薬を同時に使うすることによって菌の増殖・痒みや炎症などを防いでいるのです。

 

ですので、渡された薬は最後まで必ず服用するようにしましょう。

スポンサーリンク

とびひの薬の働き方関連エントリー


Copyright (C) 2010 早期治療でとびひを治す方法 All Rights Reserved.

とびひの薬の働き方

大人も危ないとびひの正しい対処法