早期治療でとびひを治す方法

とびひのスキンケア

とびひという病気は抗生剤を服用するだけでは完全に治る病気ではありますが、早めに完治する方法として、自分もスキンケアを行うことでさらに早く完治させることが出来ます。

 

また、とびひは一回だけではなく何回もかかる病気なので、その予防の面から見てもスキンケアを行うことは大事なことなのです。

 

そこでとびひにかかった時のスキンケアの要点を見てみましょう。

 

最初に重要なことは、肌を常に清潔にしておくということです。

 

汗をかいたらこまめにシャワーを浴びて、患部がかさぶたになるまではお湯には浸からないようにしてください。

 

発疹部分が膿んだような状態でなかったら、石鹸を使って皮膚をキレイに洗うようにしましょう。

 

子供のケースは特に注意する必要がありますが、爪を短く切きっておくこと、鼻をほじったりしないようにすることなどが大切です。

 

爪が伸びていればまた患部を傷つけることになってしまいますし、鼻をほじればばい菌が入り患部が悪化してしまうことにもなりかねません。

 

このように子供がとびひになった時には、出来る限り親が目を離さないように注意しましょう。

 

外から帰った後の手洗いも忘れずに実行して下さい。

 

そして保育園やプールなどは、とびひが完治するまでは他の人に感染してしまう危険があるので完璧に治るまでは休むほうがよいでしょう。

 

とびひの予防方法としては湿疹や虫刺されからの二次感染を予防するためにも、できるだけ早急に治すことが大切です。

 

このようにスキンケアを正確に行うことで、とびひ防止やとびひを初期に完治させることが可能なのです。

スポンサーリンク

とびひのスキンケア関連エントリー


Copyright (C) 2010 早期治療でとびひを治す方法 All Rights Reserved.

とびひのスキンケア

大人も危ないとびひの正しい対処法