早期治療でとびひを治す方法

とびひの治療について

とびひの治療は基本的に痒み止めの塗り薬・抗生物質・軟膏が用いられ、体の外側と内側の両方から治療を行ないます。

 

こういった治療を継続して行なうと同時に、自宅でもきちんとケアをしなければなりません。

 

自宅でできることはまず患部をいつも清潔にし、汗を掻いたらそのたびにシャワーを浴びるなどのケアが重要です。

 

患部を保護しようと思って、入浴時に濡らさないようにしたり、ガーゼで保護した状態で入ったりされている方がいらっしゃいます。

 

こんなことをしているとかえってとびひを悪化させてしまうことになるので、シャワーの時には石けん等で患部を優しく力を入れないようにして綺麗に洗うようにしましょう。

 

とびひの治療はきちっと最後まで行なわなければいけません。

 

少し改善されたからといって途中でやめてしまたら、また再発してしまう可能性があります。

 

医師から指示された期間は、必ず薬の使用をやめないように心掛けましょう。

 

とびひにかかった時にどうしても自宅で完治させようと病院に行かない方もいらっしゃるようですが、すぐに受診することをお勧めします。

 

とびひの最も効果がある治療方法は、ちゃんと病院で受診しとびひの状態に合った治療をすることです。

 

感染した菌によってとびひにも何種類かあり、その種類の違いで処方される薬や治療方法もそれぞれ違ってきます。

 

とびひは早い段階で治療をしなければ病状が悪くなるだけでなく、身近な人達にもうつしてしまうことになります。

 

そのようにならない為にも、正確な処置を行なうことが大切です。

スポンサーリンク

とびひの治療について関連エントリー


Copyright (C) 2010 早期治療でとびひを治す方法 All Rights Reserved.

とびひの治療について

大人も危ないとびひの正しい対処法