早期治療でとびひを治す方法

とびひの治療薬

とびひに感染すると小児科や皮膚科で薬を出してもらうことになりますが、とびひの治療薬にはどのようなものがあるのでしょうか?

 

とびひの治療で使用される薬は、おおむね痒み止めの塗り薬・痒み止めの飲み薬・抗生物質の3種類になります。

 

最初に水溶性膿痂疹の場合は、黄色ブドウ球菌に効果がある抗菌薬を3〜4日ほど飲みます。

 

痂皮性膿痂疹の場合では、ペニシリン系の内服薬が一番効果があるとされていますが、黄色ブドウ球菌も感染していることも考えて混合された内服薬を服用する必要があります。

 

医師から出された内服薬が効果がないという時には、早めに再受診し違う薬を処方してもらうわなければいけません。

 

とびひの種類や症状によっても用いる薬が違うので、効果が現れない場合には別の薬に変えななければなりません。

 

水泡が出来た箇所には抗生剤の軟膏を塗布しますが、痒みもある場合には副腎皮質ステロイド薬の軟膏を使うとよいでしょう。

 

患部がジュクジュクとしている時には、身近な人に感染ささないようにガーゼ等で覆っておくようにして下さい。

 

軟膏や内服薬は見た目でとびひが治ったと思っても、ある程度治療を継続するようにしなければ完治させることはできません。

 

とびひが再び発症したり状態が更に悪くなるということもあるので、途中で治療を止めるということは絶対にしないようにしましょう。

 

とびひになってしまったら、医師の指導に従い絶対に最後まで治療を継続するということがとびひ治療をする上で大事なことなのです。

スポンサーリンク

とびひの治療薬関連エントリー


Copyright (C) 2010 早期治療でとびひを治す方法 All Rights Reserved.

とびひの治療薬

大人も危ないとびひの正しい対処法