早期治療でとびひを治す方法

大人のとびひ

「とびひ」というと、比較的子供の方が多くかかる病気ですが、大人も免疫力が低下してるときにはかかる病気なのです。

 

子供の場合は汗をよくかく夏場に特に発症しますが、大人の場合は季節を問わず細菌が付着した手で引っかいたり、水仕事で感染したりして発症するようです。

 

なかでも疲労やストレスなどで免疫力が落ちているときに、とびひの菌に接触すればすぐにかかってしまいます。

 

大人のとびひのケースでも、大まかな治療方法は子供のケースと一緒です。

 

抗菌力のある軟膏を塗って抗生物質の投与を行い、患部がジュクジュクしていればガーゼなどで保護しておくとよいでしょう。

 

とびひという病気は大きく2つに分けることが出来ます。

 

ひとつは痂皮性膿痂疹(かひせいのうかしん)、もうひとつは水泡性膿痂疹(すいほうせいのうかしん)です。

 

大人のとびひは痂皮性膿痂疹の場合がほとんどで、溶血性連鎖球菌(溶連菌)の感染が原因でなります。

 

強い炎症をおこし、ひどいかさぶたが出来るのが特徴です。

 

重症の場合には発熱するケースもあり点滴をしなければならないこともあるようなので、大人が感染した時には注意が必要です。

 

お風呂では湯船に浸からずにシャワーなどで済ますようにすることや、タオルなどを家族と一緒に使うことは避けるようにしましょう。

 

小さなお子さんがいる場合には、子供にうつすことが無いように慎重に対応したければいけません。

 

大人だからといってとびひに感染しないというわけではないので、おかしいなと思ったらすぐに正しい処置を行なうことが必要です。

スポンサーリンク

大人のとびひ関連エントリー


Copyright (C) 2010 早期治療でとびひを治す方法 All Rights Reserved.

大人のとびひ

大人も危ないとびひの正しい対処法