早期治療でとびひを治す方法

赤ちゃんのとびひ

とびひという病気は子供が発症しやすい疾患の一つですが、生まれてすぐのような赤ちゃんがとびひになってしまうと重症になってしまうこともありますので特に注意が必要です。

 

赤ちゃんはすごく新陳代謝が良いので汗をかき易く、湿疹やあせもができ易い状態にあります。

 

赤ちゃんの場合は、バリア機能や皮膚の層も大人と比較すると低くなります。

 

汗をかいたらすぐに拭くことが大事で、汗をかいたらシャワーを浴びるようにしてもよいでしょう。

 

体を拭く時には冷たいタオルで拭くのではなく、温かいお湯で濡らしたタオルで拭くことが大事です。

 

温かいタオルを使うことで、汗を出す穴もよく開き、汚れもよく落ちるようになるのでとても効果があります。

 

入浴やシャワーの後は、必ずきちんと体の水分を取ってから洋服を着せるようにして下さい。

 

あと、赤ちゃんの爪というのは、びっくりするほど早く伸びるようです。

 

伸びてしまう前に爪を切り、掻きむしることをしないようにケアをしてあげなければなりません。

 

虫に刺されて痒みがあるような場合には、すぐに痒みを抑える抗ヒスタミン入りの軟膏を塗ってあげるとよいでしょう。

 

虫刺されたあとを掻きむしることで、とびひへとひどくなっていくことも多々あるので注意しなければいけません。

 

赤ちゃんにとって夏という季節は非常につらいものなので、散歩でもお昼寝でもすぐに汗をかいてしまいます。

 

ささいな傷口からばい菌が入り込み、とびひを発症してしまうこともあります。

 

赤ちゃんのとびひは初期の段階で治療をする必要があり、時間がかかると重症になることもあるので十分に気を付ける必要があります。

スポンサーリンク

赤ちゃんのとびひ関連エントリー


Copyright (C) 2010 早期治療でとびひを治す方法 All Rights Reserved.

赤ちゃんのとびひ

大人も危ないとびひの正しい対処法