早期治療でとびひを治す方法

子供のとびひ

とびひという病気は、汗をかく夏の暑い季節に子供がよく発症する皮膚病の一種です。

 

子供というのは代謝が良い為に汗をかきやすく、そのため湿疹やあせもなどが出来やすくなっています。。

 

そんなあせもや湿疹の箇所にブドウ球菌という菌が繁殖すると、炎症が起こって水ぶくれができてしまいます。

 

とびひは痒みがでてきますが、痒みを我慢出来ずに掻きむしってしまうとさらに悪化させてしまうことになります。

 

子供がかかった場合に気をつけなければならないことは、患部以外の箇所やよその子供に感染させないようにするということです。

 

汗をかいたらシャワーを浴びるなどして汗を落とし、爪を短く切っておくなど出来る限り清潔にすることを心がけるようにしましょう。

 

患部は乾燥させなければいけませんが、症状によってはガーゼ等をあてておくのも病状を悪化させない対策のひとつでもあります。

 

とびひに感染したと思ったりそれらしい症状が出てきた場合には、すぐに小児科や皮膚科で診察してもらうようにしましょう。

 

もう治ったと思って自分で治療を辞めてしまう方もいらっしゃるようですが、再発してしまう危険もあるので医師からOKをもらうまではしっかりと最後まで治療をするようにしましょう。

 

幼稚園や学校などでの、ほかのお子さんとの接触については、医師や学校・園などの指示を仰いできちっと守るようにして下さい。

 

子供がかかった時のとびひは肌を清潔にし、掻きむしらないように注意しておきましょう。

 

ともかく患部に触らず、きちっと病院で出された軟膏を塗って、抗生物質を服用することが早期完治へと繋がっていきます。

スポンサーリンク

子供のとびひ関連エントリー


Copyright (C) 2010 早期治療でとびひを治す方法 All Rights Reserved.

子供のとびひ

大人も危ないとびひの正しい対処法