早期治療でとびひを治す方法

大人のとびひ治療

とびひと言えば、子供が発病する病気のように思われがちですが、大人でもとびひになることがあるので用心が必要です。

 

大多数の場合、皮膚の抵抗力が少ない、0〜6歳くらいまでの子供がよくかかる病気とされています。

 

しかし溶連性連鎖球菌が原因菌となっているとびひでは、成人への感染が多いと言われています。

 

その症状としては細かい水泡がだんだんと膿泡へ変化し、その膿泡が破れて赤く剥けた後に厚いかさぶたになってしまいます。

 

どんな治療方法かと言えば、一般的に大人がとびひにかかっても子供がとびひにかかっても外用薬と内服薬で治す方法が取られます。

 

大人がなった時には、子供のようにむやみに掻きむしるということはないでしょうから衛生的ににガーゼなどで保護しておけばそんなに拡大するということはないでしょう。

 

しかし症状やとびひの具合によっては、傷跡が残ってしまうという場合もあるようです。

 

大部分のとびひ痕は綺麗に完治するか、気づかないくらいまで薄くなるでしょう。

 

女性がかかってしまった時には、特にとびひ痕が残ってしまうことがないように、塗り薬を十分に塗って患部をケアしながら治療をするようにしましょう。

 

とびひを放置しておいたり患部をやたらと掻きむしるようなことをしてしまうと、とびひ痕が黒ずんで残ってしまうこともありますので注意してください。

 

大人の場合は、子供ほど新陳代謝が活発ではないので、出来る限りとびひ痕が残ってしまわないように心掛ける必要があります。

 

ひどい状態であっても子供の場合は、新陳代謝が活発なのでとびひ痕が残ってしまうということはめったにないようです。

スポンサーリンク

大人のとびひ治療関連エントリー


Copyright (C) 2010 早期治療でとびひを治す方法 All Rights Reserved.

大人のとびひ治療

大人も危ないとびひの正しい対処法