早期治療でとびひを治す方法

とびひと保育園の登園について

とびひになってしまった時には、症状がひどくなければ特に幼稚園や保育園に登園させてはいけないという決まりはないようです。

 

ですが保育園や幼稚園の取り決めによっては、他の子供たちに感染するといけないということから医師による完治証明書が出されるまで登園は遠慮して欲しいという園もあるようです。

 

さらに完治してからも念のため、3週間はプールには参加することが出来ないといったような園もあります。

 

逆に病状が軽い状態であれば、とびひだったとしても園への登園を許可するというところもあります。

 

このことからも同じとびひという病気にかかったとしても、園によって対処法は様々なようです。

 

とびひ症状もなくなっており体調も良くなっているのに、万が一のためという理由で登園出来ないというケースもあるようです。

 

働いているなどでとにかく預かってもらわないと困るという時には、地域によって違いますが「病児保育」を行っているところもあります。

 

急を要する時でも預かってくれたり、病気の子供の世話もして貰うことが出来るのでどうしてもということであれば活用されてみてはいかがでしょうか?

 

子供が通園している園に登園禁止リストなどがる場合は、念のために確認しておくといいでしょう。

 

伝染性の病気の時にはわが子さえ元気ならば登園させてもよいという簡単なものではないので、身近にいる子供たちや親御さん達のの心配などを考えてから登園させるようにしましょう。

 

幼稚園や保育園にとっても親御さんから大切なお子さんを預かっているのですから、感染の恐れがあれば出来る限り遠ざけたいと思うのは当たり前のことではないでしょうか?

 

とびひに感染したら、きちんと医師の許可をもらってから登園させるようにしましょう。

スポンサーリンク

とびひと保育園の登園について関連エントリー


Copyright (C) 2010 早期治療でとびひを治す方法 All Rights Reserved.

とびひと保育園の登園について

大人も危ないとびひの正しい対処法